木曽福島へ行ってきた

木曽福島へ愛車エスティマルシーダで行ってきた

出発は朝5時、o(^ー^)oワクワクしながら車を走らせるが
 最寄りの高速道路入り口でつまずく
 
入り口が閉鎖しています
 (゚◇゚)~ガーン

次に近い高速道路ICへ向かうが
 入り口が閉鎖されている
 (゚◇゚)~ガーン

開いている一番近い高速入り口の
 滋賀県大津ICまで下道、かなりの時間ロス

失った時間は取り戻せないけど、高速道路に
 入ってしまえばなんとなる

なんとか、ならない
 ヾ(・・;)ォィォィ
 愛知の春日井まで50km/h規制
 道路改修みたいだけど、ほとんど作業していない
 ヾ(・・;)ォィォィ

金返せ!制限速度が半分になっているなら
 半額返せ!

ってことで、予定より1時間以上遅れて
 目的地、その一の権兵衛峠に到着

旧道の権兵衛峠は閉鎖されている可能性があったので
 新道の権兵衛トンネルを走って塩尻奈良井方面から
 旧道を走って峠へ目指した

結果正解で、峠は通行止め
03 権兵衛峠
ゲートが閉まっているのでバイクでも通れない
 自転車なら持ち上げて通れるかも知れないけど
 ここまでの道の状態から考えると、止めた方がよさそう

写真を見て気がついたが標識の看板
 「チ…」恐らく「痴漢に注意」
 こんな所であり得ない(-。-) ボソッ

駐車出来るスペースに車を止めて登山道?少し歩くと
 見晴らしが良い場所にでるが
01 権兵衛峠
天候が悪くて、街もアルプスも見えない(・・.)グスン

ここから見えるだろうアルプスを期待していただけに
 (゚◇゚)ガーン

登山道の白樺で紛らわす
03 権兵衛峠

雨が降り、雷が鳴り響く間に車の昼食

もう1つ天気が回復しそうにないので
 下山することにする

途中、朽ちた橋を発見
05 旧国道361
これを渡る勇気は出ないだろう

(・_・)......ン?
 何かが横切った

04 旧国道361
一瞬に現れて、どこかへ
 ピントがお尻にしか合わせられなかった

木曽駒高原に到着して、開けて写真が撮れるところを
 探してウロウロ

最終的に突き当たり?の木曽駒高原スキー場跡に到着
 そう、跡地、そう言えばスキー場への案内板が見ていない
06 木曽駒高原スキー場跡

ゲレンデ?には咲きかけの花
   07 木曽駒高原スキー場跡

訪れる人も少ないだろうに、わき水はたっぷり
      08 木曽駒高原スキー場跡
案内板には木曽駒岳に伏流水、しかも飲める

これが冷たくて美味しい
 ペットボトルに入れてお持ち帰り

道路地図に載っていた、展望台を探す
 (~ペ)ウーン
 舗装が途中で無くなってしまう道を突き進み到着
 (違うルートだと大丈夫かも知れない)

展望台には「キビオ展望台」
09 キビオ展望台
御岳、乗鞍、北アルプスまで見える

もう少しパノラマで
14 キビオ展望台

木曽福島の街で、今日のお宿へ
 荷物を置いて、町中散策

木曽川沿いの三階建ての家
10 木曽福島 木曽川沿い

冷たそうで美味しそうな水
 観光案内所での話では、飲めないそうだ、残念

 11 松島亭

古い町並みが並ぶところへ
  12 松島亭



少し彩りのある花も追加
13 レンゲツヅジ

次の日は朝にもう一度、木曽駒高原スキー場跡へ行って 
 写真を撮ってから家へ向かう

行きの高速で酷い目にあったので帰りは作戦を立てる
 名神高速道をなるべく使わないようにするため
 東海環状自動車道→伊勢湾岸自動車道→東名阪→新名神

古いナビを使っているので途中乗っていない場所もあるが
 何とかなる(笑)
 迷うこと無く、快適走行で帰宅

途中の名古屋湾の海沿いはo(^ー^)oワクワクして
 楽しかった

続きを読む

tag : エスティマ 木曽 キビオ展望台 御岳 乗鞍

信州へ雪山を見に行った

愛車エスティマルシーダに乗って信州、八ヶ岳連峰
 麓まで行ってきた。

週間天気予報では、くもり
 日が近づくと雨マーク、前日現地に昼だけ晴れ
 (;¬_¬) ぁ ゃι ぃ天気だけど出発

高速道路を走行中は曇り、ときどき雨だけど
 晴れ間が見える時もある
 なんとかなるかも知れないと、楽天家

目的地、富士見パノラマリゾートに到着
 
ここだけ、晴れてる
 ヾ(・・;)ォィォィ
 強運だな

しかし、富士見パノラマリゾートの駐車場から見える
 八ヶ岳連峰は雲が掛かって、取れない(T^T)クゥー
01 富士見パノラマリゾート 八ヶ岳連峰

相当、待ってみたけど雲は取れない
 夏のような雲
   02 富士見パノラマリゾート 八ヶ岳連峰

天候は次第に悪くなって来る
      03 富士見パノラマリゾート 八ヶ岳連峰

祈るように次の撮影ポイントの原村へ向かうが
 八ヶ岳はもっと厚い雲に覆われて見えなくなる一方
 この天気なら、まだ運が良かった方だと諦める

今日の泊まるホテルへ向かう
05 上諏訪温泉RAKO華乃井ホテル
上諏訪温泉RAKO華乃井ホテル

車を止めて、部屋に荷物を置いて近所を散策
 
送電線に並ぶツバメ群、発見
   06 ツバメ
相当の数、この周りの電線を占拠中、その数40位
 他の場所も見上げながら歩いたけど、どうもここだけ
 一体なんでなんだろう?

諏訪高島城へ到着
04 諏訪高島城
立て看板に、焼き肉、BBQ禁止と書いてあるを見ながら
 城内へ入るが、どこからか灼いたお肉の良い香りヾ(・・;)ォィォィ

引き返してホテルの前を素通りして、諏訪湖畔
07 長野県諏訪市高島2丁目 湖岸通り 諏訪湖
特別何もないけど、夕日を眺めてみる

ホテルに戻って、温泉のある階に行くと気がつく
 普通は気がつかないと思えるが、富士山が見える

夕方なので赤富士が見えるのでは?と期待大

望遠の使い方と富士山の色が逆になってしまったが
最大望遠500mmの迫力の富士山から
08 上諏訪温泉RAKO華乃井ホテル 富士山

少し引いて赤くなってきた富士山
   09 上諏訪温泉RAKO華乃井ホテル 富士山

諏訪の町まで見えるように引いた先にある赤富士
      10 上諏訪温泉RAKO華乃井ホテル 富士山


その後、温泉に浸かり、夕食
 相当食べ過ぎて満足越えてしまって動けない
 寝るのも早い

起きるのも早かった、そう、朝焼けの富士山狙い

と、思ったけど、太陽の方角の関係でシルエット
 _(.・)/ ドテ

二日目は何故か快晴、しかも相当寒い
 ホテルの方の話ではビーナスラインは積雪
 
これはもう一度、八ヶ岳連峰を狙える気がする

身支度もそうそうに昨日の富士見パノラマリゾートへ向かう

日頃の行いは良い訳でも無いのに、快晴
 嬉しさにシャッター切りまくりで
 同じような写真の連発
 整理が大変なだけになってしまった

11 富士見パノラマリゾート 八ヶ岳連峰

   12 富士見パノラマリゾート 八ヶ岳連峰

13 富士見パノラマリゾート 八ヶ岳連峰

   14 富士見パノラマリゾート 八ヶ岳連峰

なんか、もう、ありがとうございます。って感じ

そうそう、今シーズン初滑りもした
 スノーボードの板も持ってきていたので、少しだけ
 ほんと少しだけ
 ゲレンデに出て、ハイクして、ターン三回で終了
 目の前にキッカーがあったけど前みたいに心躍らない
 
帰りに高速インター乗り口前で、峠の釜めしで有名な****へ
15 おぎのやドライブイン

入って値段見て出てきました
 1000円

あり得ない値段になっている
 昔はこんな値段じゃ無かった記憶がある
 駅弁の代わりに買ってもおつりが出たはず
 消費税が上がったとは言え、これじゃダメだ

そう言えば、昼時なのに誰も買っていない
 正確には客自体が見当たらない状態
 横川で買った時は列に並んだのになぁ

高速道路走って、駒ヶ根SAで食事
 窓から見える風景に舞い散る雪

京都では桜吹雪なのに、本物の雪
 名残雪だったな



続きを読む

tag : エスティマ 富士見パノラマリゾート 諏訪湖 高島城 富士山

秋の長野県 ③ 諏訪大社

「秋の長野県 ② 車山」からの続き

朝、7:00に起きて、朝食バイキングもガッツリ食べて
 朝の山々を撮るぞぉっと、愛車エスティマルシーダを走らせる

(・_・)......ン?
 なんか、昨日より曇り空
 どう見ても晴れてくるの?

車山頂上を目指すのをあっさり放棄
 先に進む

昨日の観測所が山の高い所に見える
01 ビーナスライン

霧ヶ峰高原までやってくる
 いかにもって感じの鐘がある
 こんな鐘は鳴らすのは引ける
     02 霧ヶ峰スキー場頂上

西の方に見えるはずのアルプスは雲で殆ど見えない
03 霧ヶ峰スキー場頂上

もう、山々を撮ることは無理そうなので、諦める
 他に行く予定を考えていなかったので、その場で決めてみる
 
高島城諏訪湖の間欠泉は見たことあるけど諏訪大社に行ったことが
 無かったのを思い出して行ってみることにする

諏訪大社上社本宮は改装?修理?中で見れない
 ヾ(・・;)ォィォィ
 が、他は見れるので、ゆっくりと見物
04 諏訪大社上社本宮

御柱、高い!
 座り込んで見上げるように不自然な体勢から写真を
 撮らなければならない
     05 諏訪大社上社本宮

大きな太鼓が二つ並んでいる
 黒と白
 比較的新しそうな白
 ちょっとお疲れな感じの黒
 白が時間が経って黒になった?ってことはなさそうだが
06 諏訪大社上社本宮


その横の土地には土俵があるが、ちょっと小さい感じがする
 本物の土俵を見たことがないので、なんとなくだけど
 子供用かな?

本当なら真横に本宮が見えるはずの渡り廊下
07 諏訪大社上社本宮

そう言えば、境内には巨木が多い、さすが大社だけある
     08 諏訪大社上社本宮
この木の近くの橋にいたとき、どこからか蜂がたくさん飛んできて
 周りをブンブンと飛び回る
 危険な感じだ
 よく見るとスズメバチ 慌てず素早く立ち去る

諏訪大社上社から原村へ向かう
 途中、コンビニで珈琲を買って車を走らせるが
 空が、厚い雲に覆われてくる
 信号待ちで原村行きを止めることに決断した場所が
 諏訪大社前宮の駐車場

偶然だけど、行ってこいとのお導きか

半分ぐらい登った所で気がついた
 上まで車で上がれるみたいだ
 よく見ないと判らない看板と狭い道
 普通は行かないだろう
 戻って車を取りに行って対向が来ないことを
 祷りながら上がる

本宮より小さいが、元々は先に諏訪大社があったところらしい
10 諏訪大社前宮社務所

ここにも御柱がある、しかも奥にも、もう1本見える
     09 諏訪大社前宮社務所

この時点で、雨が降ってくる
 しかも本気の雨 
 心折れたので帰る事にする

帰りも諏訪湖SAへ寄る
 序でにお昼ご飯も食べる
 SAの食事、最近は大失敗がないので迷うことは少ない
 大正解もないのだけど

途中、睡魔が襲ってきたので20分ほど寝てから帰る
 
最後に、高速道路で後ろから煽りまくって、無茶な抜き方をした
 大阪ナンバーの車の存在だけが不愉快な旅だった
 まぁその車は途中、粋がっていて割には持続出来なかったのか
 左車線で低速走行していた
 ウサギとカメの物語だな





続きを読む

tag : エスティマ 諏訪大社

秋の長野県 ② 車山

「秋の長野県 ① 北八ヶ岳ロープウエイ」からの続き

蓼科女の神展望台で、良い景色を見て気持ちよく
 ビーナスラインを走って、白樺湖へ到着
01 白樺湖

白樺湖の東側の道を走って、お昼ご飯を食べれるところを探す
 お蕎麦屋さん発見
 かなり待たされたけど、打ち立てと思われる
 待った甲斐あり、美味しい
 かなり、美味しい

満腹感一杯で車をビーナスライン走らせる
 車山スキー場にて観光案内に入る
 車山で宿泊先を見つけようとしたけど
 一軒目は改装中
 二軒目は留守電
 三軒目は予約で満席ヽ('ー`)ノオテアゲ-
  どうも聞いた話ではこの時期、オフシーズンにて
  修理や休みになるらしい

白樺湖へ戻って旅館探し
 一発で見つけて、車山に戻る

車山の観光案内で聞いていた
 リフトの最終時間に少し時間が残っているので
 登ってみる、2本繋いで車山の山頂は絶景だった

まずは南向きにパノラマ
03 車山スキー場 頂上 車山
中央部に富士山が見えるはずなんだけど、雲が多い
 あ、影で本人が写ってる

全体的に霞んでいるが広がりと高さは素晴らしい
02 車山スキー場 頂上 車山 

     04 車山スキー場 頂上 車山

今年の夏に来た時、ビーナスラインから見えていた白く丸建物が
 目の前にある
     05 車山スキー場 頂上 車山

少し霞が撮れてきた瞬間を狙って富士山、ゲット
06 車山スキー場 頂上 車山

西側を向いてパノラマ
07 車山スキー場 頂上 車山

こちら方面も遠くは霞んでいるが、
 草原に見えていたがよく見ると、八島湿原が見える
08 車山スキー場 頂上 車山

日が傾いてきて風も出てきて、お腹が痛くなっていたので
 下へ降りることにする、早めに行動しないと
 リフト2本分で15分、余裕を持たないとね

真っ直ぐ、ちょっと飛ばし気味に白樺湖へ戻る

今日のお泊まりのホテル
 白樺湖ビューホテル
     09 白樺湖ビューホテル

お食事、朝晩ともバイキング形式
 晩ご飯お腹いっぱい食べて、もう食べれないってところで
 気がついた

飲み物も無料、アルコールも無料
 そう言えば、周りの人達みんな、ビール飲んでいたな
 と、気がついた

まぁ、アルコールは飲まないことにしているので関係ない
 
朝のバイキング
 晩の時より人の入れ替わりが早い
 アルコールが無いとこうなるのだと勉強になった

つづく,諏訪大社

続きを読む

tag : エスティマ ビーナスライン 白樺湖 車山 八島湿原

秋の長野県 ① 北八ヶ岳ロープウエイ

愛車エスティマルシーダに乗って長野県へ行った

今年の夏に行った、ビーナスラインのある
 霧ヶ峰、車山が目的地(前回のブログはココ
 それに、少し足を伸ばす計画

今回は前回の経験を生かして出発時間を早めて
 午前4時に出発
 少し眠いがどこの都市部でも渋滞を受けず快適走行

目的の高速道路降り口諏訪ICの手前の諏訪湖SAで休憩
 8時20分の諏訪湖の朝は爽やか
01 中央自動車道 上り諏訪湖SA

茅野市内の国道20号線、ガソリン補給とコーヒー買って
 国道152号線→ビーナスラインを進む

標高が上がっていくに連れて紅葉が進んで終わっていく
 かなり登って、最初の目的地に到着

北八ヶ岳ロープウェイの駐車場に到着
 少し外れの空きスペースに車を止めるとどこからか
 ホルンの音が聞こえる、あたりを見渡すと本当に吹いている
 w(゚o゚)w オォ-

ロープウェイの山麓駅入り口
 建物がスイス風?、スタッフもスイス風の服装
02 北八ヶ岳ロープウェイ 山麓

頂上まで10分掛からず到着
 頂上駅から出る少し手前からカレーの良い匂いに
 吊られて見ていると、展望台があるのが判る

展望台からは北アルプス以外のアルプスが見える
 少し靄っているのが残念だけど、素晴らしい景色
          03 北八ヶ岳ロープウェイ 頂上

山頂駅を出ると広がる坪庭
 周回出来る登山道があるので廻ってみることにする

案内板に沿って進む
 いきなり、一番の急勾配
 だけど、キツイのここだけ

第一の休憩所からアルプス側のパノラマ
05 北八ヶ岳ロープウェイ 坪庭
山頂駅がちょっと邪魔だけど一番の景色

途中のパノラマ
07 北八ヶ岳ロープウェイ 坪庭

溶岩がゴロゴロしていて迫力がある風景
06 北八ヶ岳ロープウェイ 坪庭

   08 北八ヶ岳ロープウェイ 坪庭   

周回路を3/4も進むと平坦な山道になって爽やかな感じ
      09 北八ヶ岳ロープウェイ 坪庭

画面に写っている様に周回路全て木で道が作られているので歩きやすかった

山頂駅前で周りの木々を撮ってから山麓へ降りる
04 北八ヶ岳ロープウェイ 坪庭

ロープウェイは20分間隔で運転されているが100人乗りなので
 大量の人がやって来て、帰って行く
 凄い長蛇で人が並んでいるが次回出発に回されることもない
 コレを頭に入れておくと一つの集団が通り過ぎたら暫くは人が
 居ない状態で写真が撮れる

ロープウェイから出発してビーナスラインを走って白樺湖方面へ向かう
 途中、紅葉の中を走って気持ちが良い
 少し寒いがヒーターを入れて窓全開(笑)

途中の蓼科女の神展望台で車を止めて展望を眺める
10 ビーナスライン 蓼科女の神展望台
オレンジや黄色の紅葉が広がって良い感じ


つづく、車山へ



 

続きを読む

tag : 北八ヶ岳ロープウェイ エスティマ ビーナスライン

プロフィール

かたサン

Author:かたサン
バイクではテントで旅をして
車は冬、車泊でスノーボードをしています
マウンテンバイクで、のんびり町や山を走ってます
いつかはマウンテンバイクで日本一周?

Google Adsense
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム
最新記事
楽天モーションウィジエット
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ