へんし~んっ \(0\0)ゝ

滋賀県にある佐川美術館ロードバイクで行って来た


Leafの懸賞に当たった佐川美術館で行われている
 仮面ライダー プレミアムアート展を見る為にね


最近気がついた、滋賀県でスポーツ自転車を駐輪するための
 ラックを常備している観光地が増えてきている気がする
 非常に嬉しい
 01 佐川美術館

しつこいようだけど、帰れなくなると困るところへ行ったなら
 安心の二重ロック


さぁ…o(;-_-;)oドキドキ♪しながら見て参ろう
 03 佐川美術館


芸術的センスがないので良く判らないけど
 ようこそと案内されている気がする
 02 佐川美術館


古い昔の仮面ライダーと比較的新しい仮面ライダー
 ブース部屋が分かれていた


順序に沿って古い仮面ライダーから見ていく

 写真は所定の場所以外は禁止になっている
  古い仮面ライダーのブースは全部禁止だったのは残念


年代順に並んでいるらしく、1号ライダーサイクロン号
 じっくり見る

 コスチュームの素材が
 ベルトに付いているスイッチは電機部品屋さんにでも
  売っていそうな普通なスイッチ
 仮面ののぞき穴は何も覆われていない(笑)

 バイクの6本有る排気管の一番上と一番下はダミー

 丁寧には作られているね


2号ライダーになると素材が革から化学繊維もの代わっていた
 でも、スイッチは普通のスイッチ


V3になるとコスの素材の質感が向上している


後のライダーになるにつれて素材が
 通気性の良くなり、光沢感があるものになっていた


古い仮面ライダーのブースを出て直ぐ隣が
 新しい仮面ライダーのブース

途中までは覚えているライダーだけど
 全く覚えの無いライダーに代わる瞬間があった(笑)

 もう仮面ライダーとはかけ離れたものになってしまうのは
  残念だけど、すぐに原点回帰するみたいなのが面白い


写真撮影OKのコーナー

上手に仕立ててあり、中に人が入っているような
 雰囲気が出ていた
      04 佐川美術館

 05 佐川美術館

バイクに乗っている演出は嬉しいね
 06 佐川美術館

      07 佐川美術館

 08 佐川美術館

      09 佐川美術館

タイヤを巻き付けて仮面バイクだとツッコミ入れたい(笑)
 よく見ると目の部分がヘッドライトみたいだけど
 今のバイクも車もガラス面が違うから時代を感じる
      10 佐川美術館

一番のツッコミどころとして
 一人乗りようのシングルシートなのに
 タンデムステップが付いている(笑)
 11 佐川美術館

車検や法規上の問題で残して置かないと駄目だったのかもね


写真コーナーを過ぎると、敵側の展示
 結構有名な怪人はリメイクして使い回している
 のが判った


結構見応えがあり面白い
 そうそう、気がついたことでお客さんは
 殆ど女性でしかも平均年齢高め
 想定していた、オジサンはいない(笑)

 しかも、おばさま方はかなり詳しい人ばかり
  聞き耳立てて会話を聞いている方が面白く
  展示物がじっくり見れない(笑)


お土産販売コーナーで仮面ライダー展の
 目録みたいな本が売っていた
 これが2冊売っていて、内容がほぼ一緒だけど
 少し違っているというシロモノ
 しかも、現地のみ限定品

 欲しい

 でも1冊2500円

 欲しい

 でも2冊は要らない

 ( ̄ヘ ̄)ウーン

 選びきれないので(ー_ー )ノ" パス

  と言いながら一度退出して再度見に来るのだから
  未練たらしい


折角来たのだから他の展示物を見て廻るのだけど
 ( ̄ヘ ̄)ウーン
 何が良いのか、さっぱり判らない
 
 丁寧な仕事をしているのだとは感じるけど
 何も凄いとは思えない

 平凡は風景、使い勝手の悪そうな陶器にしか
 感じない私はやっぱり芸術的センスがないのだと
 再度確認出来たなぁ


帰り道は琵琶湖大橋を渡って琵琶湖西岸を使って
 帰る事にする

その前に、大分前から気になっていた所へ行く
 スノーボードするため目の前の道を通っていたが
 行きは夜遅くで空いているはずも無く
 帰りは早く帰りたい気持ちの方が強く
 縁が無かったピエリ守山

 やっと行ってみる
 13 ピエリ守山

ネットで評判とは違って普通に沢山の車が止まっている
 
 店内も、お店がちゃんと入っていて廃墟なんて
  感じはない

 まぁ人は少ない

 それと、評判を気にしているのか店内は
  写真撮影禁止の看板が目立つ
  こういう看板はここだけなのか、他の
  モールとかもそうなのか気にしていなかったので
  比較出来ない

ちょっと面白そうな商品を売っている店や
 お買い得なものを売っている店もあったのだけど
 自転車も持って帰れる勇気は持てそうに無かったので
 (ー_ー )ノ" パス
 何かの都合で車で来たときがチャンスだな


2階から外へ出れる場所が合った
 琵琶湖大橋が展望できる
 12 ピエリ守山


さぁ、帰ろう


琵琶湖大橋、自転車は無料だけど
 歩道を走ることになる
 14 琵琶湖大橋有料道路

すれ違う人も自転車もないから問題はなかった


渡りきった先にある国道でハンバーガーをテイクアウトして
 公園まで移動して、持ってきたおにぎりサンドイッチを食べる
 
 食べ過ぎだ

 横になって寝ていたい衝動を抑えて
  京都へ向かって帰る

Nikon D7100
SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM



続きを読む

tag : ロードバイク 佐川美術館 仮面ライダー

ついでの方が良かった

大阪府寝屋川市へマウンテンバイクで行って来た


目的はユニクロ

 なぜ、他府県の遠い店舗まで行ったのかは
  理由がある

 最近ユニクロのwebサイトを見ていて気がついた
  気になる商品の各店舗の在庫が検索で判るってことが
  今更?ってことなんだけどね

 これも自転車を乗るための理由付けにみたいなものだけど
  モチベーション保つ方法として暫く使えそう

 そんな感じで少々遠くても問題なしなので
  寝屋川市のユニクロへTシャツを買いに行く
  (これだけ書いて凄いもの買いに行くわけで無い
   ってのがまたいい)

 まぁ郊外型の大型店舗で人だかりのうえ
  雑に大量に詰め込まれているので探すのが
  ヽ(*´▽)ノオテアゲー♪
  
  ソッコーでスタッフさんに助けて貰った
   ('-'*)アリガト♪

  
それだけでは、寝屋川まで来たのが勿体ないので
 付近で面白そうな所も検索済みでそっちの方へ行く


石の宝殿古墳
 最近、寺社以外にも古墳も興味対象になってしまった
  まぁ、影響受けやすい体質なんだろう

自転車を止めて林へ
 01 石の宝殿古墳

      02 石の宝殿古墳

           03 石の宝殿古墳

石棺?がむき出し
 04 石の宝殿古墳

小山にわざわざ重たいだろうになぁ
 しかも、周りには広場は無いので規模は
 これだけだとしたら不便なところ

ちゃんと水準計で水平と取って写真を撮る
    05 石の宝殿古墳

地盤沈下したのか?前下りになっている
 小山の傾斜からすると普通かもしれない
 まぁ深く考えても仕方ないのでそれくらいで

正面向かって左側の壁内側に単なる傷かも知れないけど
 文様、文字にも見えるもの発見
 06 石の宝殿古墳

画像加工して
 07 石の宝殿古墳-2

ちょっと無理があるか(笑)


背後に廻って
 08 石の宝殿古墳

昔の私なら登ってしまうかもしれないが
 今は、恐れ多くて出来ない


人が寄りつきそうにも無いところだけど
 石も周りも荒れてなく綺麗なので
 人の手が入り管理されているように思える

 石の宝殿なので何か御利益があればいいな
  と、神様にハイプレッシャー


さてこれで、ユニクロを理由にどこかへ行く
 モデルが出来たので、色々と広がりを得れそう

 買わないけどね

Nikon D7100
SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM


続きを読む

tag : マウンテンバイク 石の宝殿古墳

ドーナッツとお掃除

大阪府吹田市にあるダスキンミュージアム
 マウンテンバイクで行って来た


淀川→神崎川と川筋を下って行くのは
 西へ行くときの定番コース

 江戸時代、運送の基軸が川を使っていたのが
 益々実感


いつものように大阪では二重ロックで駐輪
 02 ダスキンミュージアム

まぁ道を挟んで向こう側が学校なので
 比較的安全だとは思うけどね


さて、入り口
 01 ダスキンミュージアム

元々違う用途だったものを改装した感がある
 上手なものだ


中に入ろう


まずは1階のミスドミュージアムから
 03 ダスキンミュージアム

    07 ダスキンミュージアム

R2-D2かと思ったがジュークボックス(笑)
       04 ダスキンミュージアム

殆どの人はここが目的だと思われる、ミスドキッチン
 05 ダスキンミュージアム 

大人、男、独り、入る勇気はどれほどか?(笑)
 当然、(ー_ー )ノ" パス


多分全店が掲載されいるのだと思う
 06 ダスキンミュージアム

見つける前に探す気力が湧かない
 当然(ー_ー )ノ" パス


2週目に気がつく
 08 ダスキンミュージアム

昔のものの方が細かい作り
 コスト的に廃止なんだろうな


全体的にポップな作りでアメリカン的に思えていたけど
 どうも違和感

 これみて解釈変更
  日本の80年代、90年代のポップカルチャーの
  要素も含まれていた

        09 ダスキンミュージアム

10 ダスキンミュージアム

多分、江口寿史のイラストを使っている


2階、おそうじ館

 11 ダスキンミュージアム

    13 ダスキンミュージアム

空気中にある埃の視覚化、それを空気清浄器を使っての
 実験を見る
 確かに、凄いね
 それがどれだけ人体に影響があるかは判らないけど(笑)


展示物で面白かったのは
 古い掃除機、サンヨー製
 12 ダスキンミュージアム

それとほうき、これは編み目の作りが綺麗だった
    14 ダスキンミュージアム


1階へ降りてきて、出口に向かう
 そして見わげてみると
 15 ダスキンミュージアム

    16 ダスキンミュージアム

一番興味を持った展示物(笑)
 よく考え、よくできている(笑)

館内にいたときも感じていたけど
 写真にして並べてみて更に感じた事

 1階は黄色い
 2階は青い

上手に色分けしているね

 美味しそうな色と、清潔感のある色

そう言えば、入り口の両サイドの色使いから
 そうなっている(笑)
 
入る前から擦り込み(笑)


帰りは江坂に寄って、食事と買い物
 人も車もいっぱいだけど
 上手に整理されていて、ゴミもなく
  d(゚-^*) ナイス♪

 普通ならドーナッツを食べて帰るのだろうけど
  甘い物は食べれないわけでも無いけど
  基本(ー_ー )ノ" パスなので(笑)

と言いながら飴を食べながら自転車で家へ帰る

 矛盾

Nikon D7100
Nikkor AF-S 50mm f/1.8G
NIKKOR-N・C Auto 24mm F2.8



続きを読む

tag : マウンテンバイク ダスキンミュージアム ミスドミュージアム おそうじ館

躑躅と一初 ③

躑躅と一初 ②、本満寺からのつづき

引き続きマウンテンバイクに乗って京都市内の
 躑躅を見てまわる


御霊神社から移動して向かったのが下鴨神社

 見て参ろう

 01 下鴨神社

    03 下鴨神社

       04 下鴨神社

           07 下鴨神社


名前が良く判らないけどとても綺麗だった白い花

      02 下鴨神社

 05 下鴨神社

      06 下鴨神社 


下鴨神社には何回も来ているのに
 この写真を撮った所には来た記憶が無い
 いつも足を向ける社殿の直ぐ隣なのに
 気がつかなかったのだろう
  不思議だ
 それとも来たことはあるのに覚えていない
  痴呆だったら嫌だな(笑)


流石にここは観光客がたくさんいた
 複数以上の団体さんが多く、やかましい(`´メ)
 子供の頃、大きな寺社に行ったときの団体観光客の
 イメージのままなので、余り代わらないものだと
 記憶を思い返して少し笑えた

 きっと自分も爺になるとそうなるのだろうな


桜の季節より木々や花の色が濃くなって夏に向かっている
 自転車で廻るのにはイイ頃合い
 もう少ししたら、日焼け止めの心配を始めないとね


そんな感じで今日も良い一日

Nikon D7100
SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM
SIGMA 70-200mm F2.8 Ⅱ APO EX DG MACRO



続きを読む

tag : マウンテンバイク 躑躅 下鴨神社

躑躅と一初 ②

躑躅と一初 ①、本満寺からのつづき

 引き続きマウンテンバイクに乗って京都市内の
 躑躅一初を見てまわる


本満寺から北上して次に向かったのが御霊神社

 見て参ろう

 01 御霊神社


一初は入り口で見つけておいたので先に躑躅を探しながら
 境内を廻ってみる

      02 御霊神社

 03 御霊神社

      04 御霊神社


思ったほど躑躅は多くなかった、一初を撮る前に
 人が少ない、のどかな空気感のうちにお昼ご飯にする
 サンドイッチとおにぎり、自分的には少なめの量だけど
 長々と外で食べるのは好きじゃ無いので丁度良い

 サプリメントを水で喉へ流し込み
  即行動

 06 御霊神社

      07 御霊神社

 08 御霊神社

見ているだけなら沢山咲いている所の方が良いのに
 いいなと思う写真は多く咲いていない方
 矛盾しているな

      05 御霊神社

どうも気に入ったみたいで何周も見て廻ってしまった
 それでもゆっくり出来ない性、困ったものだと思うが
 嫌いじゃ無い

③へつづく

Nikon D7100
SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM
SIGMA 70-200mm F2.8 Ⅱ APO EX DG MACRO
TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO VC USD F004N



続きを読む

tag : マウンテンバイク 躑躅 一初 御霊神社

プロフィール

かたサン

Author:かたサン
バイクではテントで旅をして
車は冬、車泊でスノーボードをしています
マウンテンバイクで、のんびり町や山を走ってます
いつかはマウンテンバイクで日本一周?

Google Adsense
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム
最新記事
楽天モーションウィジエット
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ